コアラ先生

今回は、不眠と精神疾患または身体的な疾患との関わりについて紹介します。

不眠で悩んでいる人の中には、精神疾患を併発しているという事も少なくありません。また、不眠の方の中には、身体的な疾患で悩まれている方もいらっしゃいます。

まずは、不眠と病気との関係について見ていきましょう。

精神疾患との関係

不眠は、精神疾患と関係があると言われています。ここでは、代表的な精神疾患と不眠との関係について見ていきたいと思います。

適応障害と不眠の関係

学校や職場など、その場所にうまく馴染めなかったり、人とのコミュニケーションがうまくいかなかったりする状態が続くと適応障害と診断されることがあります。ここでは、適応障害と不眠との関係についてについて紹介します。

適応障害と不眠について

うつ病と不眠の関係

うつ病と不眠の関係を知るためには、自律神経の働きを見ていくことが必要です。自律神経とは、人間の呼吸や消化など私たちの活動を調節してくれる神経です。ここでは、不眠とうつ病の関係についてについて見ていきたいと思います。

うつ病と不眠について

統合失調症と不眠の関係

統合失調症という疾患は、不眠とも関係があります。主な特徴として挙げられる幻聴が聞こえてくると、寝れなくなってしまう状態が出たりします。ここでは、不眠と統合失調症の関係についてについて見ていきたいと思います。

統合失調症と不眠について

睡眠障害と不眠の関係

人間関係や仕事の軋轢などで精神にストレスがかかる状態が続くと、睡眠に影響を及ぼすことがあります。寝ようとしても眠れなかったり、朝起きることができなかったりといったことが出てきます。ここでは、このような睡眠障害について見ていきたいと思います。

睡眠障害と不眠について

不安症と不眠の関係

仕事でのミスなど不安なことが継続して起こると、それが不安になって眠れないということが起きます。不安症は、不眠との関りが深い疾患です。ここでは、不眠と不安症の関係について見ていきたいと思います。

不安症と不眠について

神経症と不眠の関係

神経質で緊張しやすい体質や、人とのコミュニケーションが苦手な場合、神経を使い過ぎて疲弊してしまい、私たちの体をコントロールする神経の働きがうまくいかないことがあります。ここでは、不眠と神経症の関係について見ていきたいと思います。

神経症と不眠について

発達障害と不眠の関係

発達障害といっても症状は人によって異なります。一つのことが過度に気になってしまい、何度も繰り返し行ったりすることがあります。そうなると不眠にも関係してきますね。ここでは、不眠と発達障害について見ていきたいと思います。

発達障害と不眠について

身体的な疾患との関係と不眠の関係

不眠は、身体的な疾患との関係もあると言われています。精神疾患に引き続き、不眠と身体的な疾患との関係を見ていきたいと思います。

呼吸器の障害と不眠の関係

不眠は、精神疾患だけでなく身体的な疾患とも深い関りがあります。呼吸器に関していえば、睡眠時無呼吸症候群などが挙げられます。ここでは、不眠と呼吸器の疾患について見ていきたいと思います。

呼吸器の障害と不眠について

脳の障害と不眠の関係

不眠と脳の障害で代表的なものは、認知症です。認知症になるといつ眠ればよいかなど時間の感覚が弱くなります。ここでは、不眠と脳の障害について見ていきたいと思います。

脳の障害と不眠について

循環器の障害と不眠の関係

循環器の障害である心不全になると、苦しくて眠れないという状況が出てきます。ここでは、不眠と循環器の障害について見ていきたいと思います。

循環器の障害と不眠について