コアラ先生

寝ているときに呼吸が一瞬止まってしまう、という事を聞いたことはありませんか?

これにはいくつか原因が考えられますが、よく言われているのが、睡眠時無呼吸症候群です。呼吸が止まってしまうことによって、眠りが妨げられてしまい、途中で何度も起きてしまったりすることもあります。

今回は、呼吸器の障害と不眠について紹介します。

不眠と呼吸器の疾患

不眠には、精神的な問題だけではなく身体的疾患が関わっているケースがあります。どのような身体的疾患が多いのかと言えば、呼吸器に関するものです。

最近増えている不眠の原因として、睡眠時無呼吸症候群があります。睡眠時無呼吸症候群は睡眠中に呼吸が止まってしまうことが最大の特徴であり、呼吸が止まることによって安眠が妨げられるケースが多いのです。

睡眠時無呼吸症候群の原因は

睡眠時無呼吸症候群の原因として、太りすぎで呼吸が妨げられてしまうと言うこともあります。また睡眠時無呼吸症候群は高血圧と合併しやすいことが特徴であり、高血圧の場合にいびきをかき睡眠中にいびきが止まっているような場合には病気を疑うこともできます。

身体的疾患で不眠に陥っている場合には、クリニックなどで適切な治療を受けることで改善することができるようになっています。

呼吸器は人間の体の中でも大切な場所で、睡眠が妨げられるだけでなく呼吸ができなくなることでさまざまな弊害もでてきます。

睡眠時無呼吸症状軍の治療について

病院では睡眠中の呼吸を楽にするための治療などが行われますので、不眠も解消されることが多くなっています。

睡眠時無呼吸症候群を治療することで、他の病気のリスクも下げることができるため家族などにいびきを指摘された場合にはまずクリニックで検査を受けることが大切です。

睡眠時無呼吸症候群はセルフチェックでも簡単に分かる病気ですので、いびきをかいている自覚がある人や、日中に眠くなったり起きた時に十分な睡眠が取れていないと感じる時には睡眠時無呼吸症候群を疑ってみましょう。

生活習慣の改善も

治療自体は眠る時に呼吸が止まらないように直接的に働きかける方法が多く、誰でも簡単に睡眠時無呼吸症候群を改善できるようになっています。

生活習慣なども見直すことで改善につなげていくことができますので、肥満などの心当たりがある時には積極的に運動や食生活の見直しをしていくことも大切です。

不眠を感じている時には、身体的疾患のことも考えてみましょう。