コアラ先生

「適応障害」という言葉を聞いたことがありますか?適応障害とは、精神科での診断名の1つですが、聞いたことがある方は少ないのではないでしょうか?

今回は、この適応障害について紹介します。

不眠とはどんなもの?

不眠とは、「朝目覚めた時に睡眠に対する不足感が強く、身体的・精神的・社会生活上に支障があると判断される状態」を指します。一般的に不眠症と呼ばれるものの他に、昼夜のサイクルと体内時計のリズムがずれて起こる概日リズム睡眠障害でも見られることがあります。

不眠の症状は代表的なものとして、寝つきが悪く、30分以上眠れない「入眠困難」、途中で目が覚めてしまい、なかなか寝付けない、中途覚醒とも呼ばれる「睡眠維持障害」、寝付くことはできるが朝早くに目が覚め、再び眠ることが出来ない「早朝覚醒」、眠りが浅く、睡眠時間の割に熟睡感が得られない「熟眠障害」の4つに分けることができ、これらが同時に複数現れることがあります。

不眠の原因は?

原因としては関節リウマチや外傷、湿疹などの痛みを伴う疾患や喘息発作の身体的なもの、主にストレスに関連する心理的なもの、アルコールやカフェイン、ニコチンなどの薬理学的なもの、時差ぼけなどによる生理学的なもの、神経症や不安、抑うつなどの精神医学的なものを挙げることができます。特に慢性的な不眠では、約3分の1から半数は、うつ病など何かしらの精神疾患が理由とも言われています。例えば、セロトニンというホルモンが減少してしまううつ病では、それに伴い眠る為に必要なメラトニンというホルモンの分泌もされにくくなることが分かっています。逆に、不眠によって睡眠時間が足りなくなり、精神疾患に繋がる場合もあります。

適応障害の原因は?

また、不眠の心理的原因の代表であるストレスは適応障害を引き起こすことがあります。適応障害は不眠の他に倦怠感、頭痛などの身体的症状、不安、抑うつ、焦燥感などの精神症状がみられます。うつ病などの精神疾患と似ていますが、こちらはストレスとの因果関係がはっきりしていて、精神疾患の素因が無く、それらと比べると比較的経度な症状のものを指すと言われています。しかし、診断された人間の40%が5年後にはうつ病などの診断名に変更されるなど、適応障害はその後の重篤な病気の前段階の可能性もあります。