コアラ先生

不眠には4つの大きな原因があります。

この4つとは、引っ越しで住居が変わったり、季節の変化で気候が変わったときに不眠が起こる「環境要因」、年齢を重ねてくると睡眠時間が短くなったり、また女性の人生イベントの変化で睡眠パターンが変わってくる「身体的要因」、職場や学校でのストレスが原因で不眠が起こる「心の要因」、そして生活リズムの乱れによって不眠が起こってくる「生活習慣要因」です。

今回は、これら4つの原因について紹介します。

環境要因

環境要因とは、季節の変化や生活環境の変化などが睡眠に与える影響のことを言います。

季節の変化には、春先にアレルギーで不眠になったり、また、夏に厚さで眠れない日が続いたりすることがあります。環境の変化については、引っ越しなどで住む場所や枕が変わった、といったことが挙げられます。

ここでは、不眠と環境要因について見ていきたいと思います。

環境要因

身体的要因

身体的要因とは、性別や年齢別などが睡眠に与える影響のことを言います。

男性と女性とで不眠の症状が異なることもあります。特に女性は、人生における大きなライフイベント(生理、妊娠、出産)が睡眠パターンを大きく変えます。また、20代の学生と60代の人たちのように年齢によっても不眠の症状は異なります。

ここでは、不眠と身体的要因について見ていきたいと思います。

身体的要因

心の要因

心の要因とは、学校や職場などで引き起こされるストレスが睡眠に与える影響のことを言います。

適度なストレスは、私たちの生活にとって必要なものですが、過度なストレスは日常の生活リズムに影響を与え、不眠をもたらすこともあります。

ここでは、不眠と心の要因について見ていきたいと思います。

心の要因

生活習慣要因

生活習慣要因とは、毎日の生活の乱れが睡眠に与える影響のことを言います。

夜中に脂ものを食べたり、また寝る直前までスマートフォンを触っていたりといったことは、睡眠に悪影響を及ぼします。また、タバコやアルコールなどの刺激物の摂り過ぎも睡眠には良くありません。寝る前のタバコというのも、良くないです。

ここでは、不眠と生活習慣要因について見ていきたいと思います。

運動不足と生活習慣病

嗜好品と生活習慣病

夜の仕事と生活習慣病