コアラ先生

「今日は眠れそう」とベッドに入ったのに、数時間で起きてしまうのは辛いですよね。このような症状は早期覚醒と言われています。

今回は、早期覚醒の症状や原因、そして改善方法について見ていきましょう。

寝てもすぐ起きてしまう早期覚醒とは何か?

早期覚醒は日本人の成人の約8%が経験しているという統計があります。早朝覚醒は特に高齢者に多くみられる症状で、それ以外にはうつ病の初期症状として見られることもあります。

1ヶ月未満の不眠は数日程度のものを一過性不眠、1~3週間程度のものを短期不眠と呼んでいます。この程度だったら、すぐに解消することが可能ですが、問題は1ヶ月以上に及ぶ長期不眠です。長期不眠の原因は精神疾患や内的な疾患が隠れている場合があります。具体的には、うつ病、精神分裂病、神経症、喘息、心不全などです。

早朝覚醒とは早朝に目が覚め、その後、眠れなかったり、眠れたとしてもうとうと状態の眠りをいいます。高齢者やうつの初期症状に多く見られる症状です。

日々の生活との関係は?

早朝覚醒は日常の活動量と関係が深く、年齢とともに活動量が減りますので、特に日中活動量が少ないと、夜になっても睡眠モードに切り替わらない場合があります。そのため眠りが浅くなって、早朝に目が覚めてしまいます。

有効な対策はあるの?

早朝覚醒に最も有効な対策としては日中に運動を増やすことです。そうじ、ウォーキング、ヨガなどで体を動かすことで、夜になって睡眠モードへの切り替えがしやすくなります。その他に朝日をしっかりあび、日中も太陽の光をしっかり浴びるのも大切です。

夕方以降は間接照明を利用して、蛍光灯などの強い光はさけます。また夕方以降でもできるだけ、身体を動かしておくと、適度な疲労感を得られ、睡眠に移行しやすくなります。

不眠に有効な食事について

食事ではトリプトファンを多く含む食品を取ります。トリプトファンはセロトニンの材料になります。トリプトファンは様々な食品に含まれていますが、特に肉や魚、大豆製品に多く含まれます。その他にもバナナやキウイ、アボカドなどの果物類や種実類、卵類、乳製品にも多く含まれています。

これらの対策をしても症状が改善できないときには、早めに医療機関を受診するのもおすすめです。

不眠トラブルにおすすめのケア方法

有効成分を多く含むサプリメント
おすすめのサプリ
自然派由来の天然ハーブ配合のサプリや、体内では生成できない必須アミノ酸が配合されたサプリです。

有効成分で選ぶサプリを詳しく

ストレス軽減しながら休息するために
about
イライラや不安を和らげる成分として、アミノ酸の1種であるGABAが有効であると言われています。

GABAが含まれているサプリを詳しく

寝つきを良くするために
おすすめのサプリ
リラックス成分セロトニンの材料となるトリプトファンが配合されたサプリメントを紹介します。

トリプトファンが含まれているサプリを詳しく

ぐっすりと眠れるようになるために
about
ぐっすり眠れるようあなたの眠りをサポートしてくれるクワンソウ配合の睡眠サプリを紹介します。

クワンソウが含まれているサプリを詳しく