コアラ先生

「不眠が治らないんだけど、どうしよう…」と不安になったことはありませんか?眠れないときには、病院へ行って睡眠薬を処方してもらおうと思うことがあるかもしれません。

眠れない日が続くのは辛いですよね。病院に行けば、デパスやマイスリーなどの比較的効果が弱いお薬を出してくれます。

ですが、眠れないから睡眠薬を利用する、という考えには注意が必要です。睡眠薬を利用すれば、最初は確かにすぐ眠ることが出来ます。その一方で、睡眠薬には副作用もあるのです。

今回は、病院で処方される不眠のお薬について紹介します。

不眠にならないために、まずは予防が大事

毎日やらなければいけない事が多いと、たとえ不眠の状態が続いていたとしても、そのまま放っておく人が多いのではないでしょうか。

少しくらい寝れなくても、今が大事な時だから頑張らないと、と思うこともあるでしょう。しかし、不眠の状態が何週間も続いてしまうと生活リズムそのものが崩れてしまうことがあります。

そうなると、日々の仕事や勉強にも支障が出てきてしまい、本来やりたかった事ができない、ということにもなりかねません。

不眠が続き、自分でどうしたらいいのか分からなくなってしまった時には、病院やクリニックを利用するという事も選択肢の1つとして考えておいたほうが良いでしょう。

また、病院やクリニックに行った際に処方されるお薬についても理解していると、あなた自身の状態が分かることがあります。そこで、病院で処方されるお薬について紹介していきます。

病院で処方されているお薬の種類

心療内科やメンタルクリニックを受診したとき、あなたの不眠の状態によって処方される薬は違います。また、医師の判断で出されたお薬でも、場合によっては効果のないこともあります。

個人差もありますが、お薬によっては副作用が強く出てしまうという事もあり、あなたに合ったお薬を選ぶというのはとても大切です。

医薬品を使用する前に、あなた自身がいまどのような薬を飲んでいるのかを知ることは、決して無駄ではありません。

心療内科やメンタルクリニックで処方されているお薬には、以下の種類があります。

睡眠薬

デパスやマイスリーなど、心療内科やメンタルクリニックで処方される主なお薬を紹介します。睡眠薬は、一時的な症状に使用されるものから慢性的な不眠に使用されるものがあります。

病院で処方されている睡眠薬の効果・効能について

漢方薬

黄連解毒湯や抑肝散など、不眠が続いた時に使用される漢方薬について紹介します。不眠の状態に応じて、その症状に適した漢方薬が処方されます。

精神安定剤

ワイパックスやヒルナミンなど、精神安定剤が持つ眠気の作用を利用して不眠時に使用されるものを紹介します。これらの精神安定剤は、睡眠薬と併用して使用されることもあります。

医薬品を中断する際は医師と相談を

病院で処方されている睡眠薬を自己判断で中断することは、とても危険です。薬の副作用が出てきたり、体に耐性が出来ている場合には、眠れなくなってしまうこともあります。

朝が起きられなかったり、薬を飲んでも眠れない、といった状態が続いた場合には、まずは担当の医師に相談しましょう。医師と話をして、現在の状況を伝えることが必要です。

その中で、薬を減らしていくのか、または異なるものに変更していくのかを検討すると良いでしょう。

病院で処方されるお薬のまとめ

眠れない時に、あなたにピッタリ合った睡眠薬があればそれに越したことはありません。しかし、そのような薬はなかなかないというのが現状です。

病院で睡眠薬を処方されて、それを飲んでいてもなかなか寝付けないという人はいます。また、すぐに眠れるけれど朝が起きれない、ということも良くあることです。

出来るだけ早く不眠を改善したい、という気持ちも分かります。そんな時には、あなたがなぜ不眠になったのかを少し考えてみると良いですね。

原因と向き合うことで、不眠の改善策が見えてくることがあります。まずは、あなたの日常生活から見直してみましょう。