コアラ先生

「夜になっても眠れない」という時に飲むお薬として「睡眠薬」を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。睡眠薬は、心療内科や精神科などで「医師の判断により」処方されるお薬です。

睡眠薬は、眠れない時に使用するとその効果を発揮して良く眠れますが、メリット・デメリットも当然あります。また、睡眠薬の種類によってその効果や持続時間が違いますし、副作用もあります。

今回は、睡眠薬について紹介します。

下記の表は、睡眠薬の持続時間と効き目の強さを表したものです。聞いたことがあるお薬もあるのではないでしょうか。どの薬がどのくらい持続するのかや、他のお薬と比較すると効き目はどのくらいあるのか、という事が一目で分かるようになっています。

睡眠薬の強さと種類について

睡眠薬はその種類によって効き目の強さが違います。ここでは、現在クリニックや心療内科などの病院で処方されている睡眠薬を、5つのタイプに分けて紹介します。

強さ タイプ 薬の名前
強い バルビツール酸系 ベゲタミン・ラボナ・イソミタール等
やや強い ベンゾジアピン系 ハルシオン・レンドルミン・リスミー・デパス・サイレース・ユーロジン等
中間 非ベンゾジアピン系 マイスリー・アモバン・ルネスタ等
中間 オレキシン受容体作動薬 ベルソムラ
弱い メラトニン受容体作動薬 ロゼレム

続いて、睡眠薬の特徴を種類別に紹介します。

バルビツール酸系

バルビツール酸系の睡眠薬は古くから使用されてきたお薬です。一般科の病院においても麻酔として使用された事もあるくらい強い催眠作用があります。

デメリットとしては、催眠作用が強いため自然にもたらされる睡眠とは違うという点です。熟眠感を感じることは少ないでしょう。

ベンゾジアゼピン系

ベンゾジアゼピン系のお薬は、病院やクリニックで良く使用されいます。比較的安全性の高いお薬として有名です。しかし、近年になってベンゾジアゼピン系睡眠薬の「依存性」に注意喚起が起きています。

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、使い勝手の良さから効果は期待されています。しかし、長期服用すれば次第にその効果は弱まっていき「睡眠薬を飲んでも眠れない」という事も起こります。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬の代表的なもの:ハルシオン、レンドルミン、リスミー、エバミール、デパス、サイレース、ロヒプノール、ネルボン、ドラール、ダルメート

非ベンゾジアゼピン系

非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬を改良して作られたお薬です。ベンゾジアゼピン系の睡眠薬で起こる副作用を減らしたお薬になります。

効果は、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬よりも弱いですが安全性は高く評価されています。

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の代表的なもの:マイスリー、アモバン、ルネスタ

メラトニン受容体作動薬

メラトニン受容体作動薬の睡眠薬は、私たちの体内から分泌される「メラトニン」というホルモンを利用したお薬です。より自然に近い形での眠りをもたらしてくれます。そのため、他の睡眠薬と比べるとお薬の効果は弱めです。

メラトニン受容体作動薬は安全性が高く、副作用も比較的少ないお薬です。睡眠薬の副作用である「依存性」が気になる方や睡眠薬を内服したことがない方などに処方されることが多いお薬です。

メラトニン受容体作動薬の代表的なもの:ロゼレム

オレキシン受容体拮抗薬

オレキシン受容体拮抗薬の睡眠薬は、2014年に発売された新しいお薬です。私たちの脳が覚醒している時に分泌されているホルモンである「オレキシン」を阻害することによって、眠りをもたらします。

他の睡眠薬と比べて日中の眠気が少なく、依存度も低いことから安全性の高いお薬としてこれから期待されている睡眠薬です。

オレキシン受容体拮抗薬の代表的なもの:ベルソムラ

睡眠薬が持続する時間について

睡眠薬は、その効果が続いている時間によって4種類に分類できます。どのような不眠症状が表れているのかによって使用するお薬が違ってくるので、医師と相談しあなたに適した睡眠薬を選択することが重要です。

効果を感じ始める時間 効果が持続する時間 主な睡眠薬
超短時間型 1時間未満 2~4時間 マイスリー、ハルシオン、アモバン、ロゼレム等
短時間型 1~3時間 6~10時間 デパス、リスミー、エバミール、レンドルミン等
中時間型 1~3時間 24時間前後 ネルボン、ベンザリン、サイレース、ロヒプノール等
長時間型 3~5時間 24時間以上 ダルメート、ドラール

続いて、睡眠薬の作用時間を種類別に紹介します。

超短時間型

超短時間型の睡眠薬は、内服してから30分以内でその効果が表れるお薬です。マイスリーやルネスタなどが有名です。ベッドに入ってから寝付くまでに時間がかかってしまう「入眠障害」の症状がある方に効果があります。

超短時間型の睡眠薬は、短時間で効き目が出るという「薬の強さ」がありますが「持続力」はありません。そのため、寝ている途中で起きてしまう「中途覚醒」の症状がある方には他のお薬を内服するのが良いでしょう。

「なかなか眠れなくて、寝ても途中で起きてしまう」という場合、超短時間型のお薬と短時間型、中時間型のお薬を併用されている方もいらっしゃいます。

短時間型

短期型の睡眠薬は、心療内科や精神科の病院などで比較的よく処方されるお薬です。デパスやレンドルミンなどが有名です。

作用時間としては、超短時間型と比べて比較的長く持続するため「入眠困難」の症状がある方だけでなく「中途覚醒」の症状がある方にも使用されています。

中時間型

中時間型の睡眠薬は、お薬の効果が比較的持続するため、夜明け前に起きてしまう「早期覚醒」や、夜中におきてしまう「中途覚醒」に有効とされています。

長時間型

長時間型の睡眠薬は、睡眠薬がないと眠ることが出来ないといった慢性の不眠症状の方に使用されいます。ドラールやダルメートといったお薬が有名です。

睡眠薬の持続時間のメリット・デメリット

睡眠薬の持続時間の違いによって、以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット デメリット
持続時間が長い 長く眠れる 薬の影響が次の日に残ることがある
持続時間が短い 薬の影響が翌日に残りにくい 入眠途中で起きてしまうことがある

不眠の症状によっても効果は異なりますが、一般的に「中途覚醒」の症状がある場合、持続時間が長いお薬を使用すると途中で起きずに朝まで眠ることが出来ますが、次の日にも眠気が残ってしまうことがあります。

睡眠薬の効果は個人差があるのはもちろんの事、その日の体調によっても変わってきます。睡眠薬を使用する際には、医師と十分に相談するようにしてくださいね。

まとめ

「どうしても眠れない」という時に睡眠薬を使用すると、いつの間にか寝てしまい朝を迎えられる事が出来る反面、次の日にまで眠気が残ってしまうという事があります。

また「眠れないから」と睡眠薬に「依存」してしまうとその効果が薄れていき、今まで使っていたお薬では眠れないという事も起こってきます。

睡眠薬を使用する場合には、医師と十分に話し合ったうえで使うようにしてくださいね。