コアラ先生

眠れない日が何日も続くと「このまま眠れなくなったらどうしよう」と心配になりますよね。

近所のクリニックや病院に行って睡眠薬を処方してもらったほうがいいのではと不安になるかもしれません。

でも睡眠薬はちょっと…」と思うのも分かります。副作用や依存性が気になることでしょう。そんなときに思い浮かぶのが、ドラッグストアなどで市販されている、睡眠改善薬です。

今回は、睡眠改善薬について紹介します。

市販の睡眠改善薬とは

「睡眠改善薬って睡眠薬じゃないの?」

睡眠改善薬を睡眠薬と混同する方がいるかもしれませんが、睡眠改善薬は、睡眠薬とは違います。

睡眠薬は医師の処方が必要ですが、睡眠改善薬はドラッグストアやインターネット通販で購入することができる市販品です。

大手ドラッグストアなどに行ったときに「ドリエル」という名前が付いたパッケージを見たことはないですか?ドリエルは、エスエス製薬から出ている睡眠改善薬です。ドリエルは、日本で初めて薬局で買うことが出来る睡眠改善薬として売り出されました。

そのあと、各製薬会社から医師の処方なしで購入することができる睡眠改善薬が販売開始となっています。現在では、その数は10種類を超えています。

市販の睡眠改善薬はいつ使用するの?

睡眠改善薬は、一時的に眠れない状態になった時、使用することが良いとされています。例えば、海外へ行ったときに、時差の関係で眠れなくなることがあります。

そのような時に、不眠の状態を改善させる手段として睡眠改善薬が使われます。ここでのポイントは「一時的に」という事です。

眠れない状態が数日間続いているような場合には、睡眠改善薬は使用するべきではありません。そのような状態が続くようであれば、一度お近くのクリニックに相談に行くのが良いでしょう。

市販の睡眠改善薬に配合されている成分

睡眠改善薬に配合されている成分は、大きく分けて3種類です。

・ジフェンヒドラミン塩酸塩配合
・プロムワレリル・アリルイソプロピルアセチル尿素配合
・漢方配合

睡眠改善薬は、上記した3つに分類されますが、1つ注意点があります。それは、多くの睡眠改善薬の主成分は、上記した中の1つである「ジフェンヒドラミン塩酸塩」であるということです。

このジフェンヒドラミン塩酸塩は、抗ヒスタミン製剤です。抗ヒスタミン製剤には、副作用として「排尿困難」があります。そのため、以前に「前立腺肥大症」などの既往歴がある方は、使用に注意が必要です。

ジフェンヒドラミン塩酸塩について

ジフェンヒドラミン塩酸塩は、多くの睡眠改善薬の主成分となっている物質です。通常、アレルギーに効果がある成分として用いられています。

ジフェンヒドラミン塩酸塩配合がよく使用されるのは、花粉症の時期です。花粉症は、私たちの体内が花粉を異物と認識して攻撃することで起こります。

花粉に対し、体内で大量のヒスタミンを作り出し放出することで戦おうとします。花粉を対外に追い出そうとした結果、鼻水や涙が大量に出ることとなります。

このヒスタミンの作用を抑える働きがあるのが「ジフェンヒドラミン塩酸塩」です。ヒスタミンを抑制させ、涙や鼻水が出るのを和らげてくれます。

これがジフェンヒドラミン塩酸塩の働きですが、なぜ睡眠改善薬の主成分なのでしょうか?

その答えは、ジフェンヒドラミン塩酸塩の副作用にあります。ジフェンヒドラミン塩酸塩の副作用は「眠気」です。この眠気を利用したものが「ドリエル」などの睡眠改善薬というわけです。

市販の睡眠改善薬にある副作用について

抗ヒスタミン剤(ジフェンヒドラミン塩酸塩)には、眠気以外にも有名な副作用がもう一つあります。それは、排尿困難です。

抗ヒスタミン剤は、私たちがリラックスしたときに出る物質である「アセチルコリン」の働きを抑制します。その結果、私たちの体はリラックスできなくなります。

排尿は、体がリラックスした状態(副交感神経が優位)の時に行いますので、そうでない時には排尿しずらくなりますね。これが、排尿困難をもたらすのです。

また、その他の副作用としてめまい、口の渇き、肌のかゆみ、便秘などがあります。

抗ヒスタミン剤を服用するときの注意点ですが、お酒と一緒に内服することは危険ですのでしないで下さい。また、妊娠中の方や慢性的な不眠症状のある方も使用は控えることが必要です。

市販の睡眠改善薬一覧

薬局やドラッグストア、インターネット通販で購入することが出来る睡眠改善薬の一覧です。成分別に商品を紹介しています。

ジフェンヒドラミン塩酸塩配合

抗ヒスタミン剤の副作用である「眠気」を利用した睡眠改善薬には、「ドリエル」「ネオディ」「カナコSP」「カローミン」などがあります。これらの改善薬の主成分は、「ジフェンヒドラミン塩酸塩」です。成分量に関しては多少の違いがありますが、ほとんど同じくらいの配合量です。

ドリエル

カローミン

ネオデイ

カナコSP

プロムワレリル尿素・アリルイソプロピルアセチル尿素配合

プロムワレリル尿素は、睡眠導入としては十分な効果を持っていますが、それ以上に副作用が大きい成分です。

1900年代前半からある成分ですが、アメリカでは現在、プロムワレリル尿素を含む成分は医薬品として禁止されています。プロムワレリル尿素を含む睡眠改善薬は「ウット」ですが、使用には検討が必要です。

ウット

漢方配合

漢方配合の睡眠改善薬には「ジフェンヒドラミン塩酸塩」が配合されていないものがあります。自然の薬草をしようしているので、成分が心配な方にはおすすめです。漢方配合の代表的な睡眠改善薬としては、「イララック」「パンセダン」「レスフィーナ細粒」などがあります。

イララック

パンセダン

レスフィーナ細粒

まとめ

睡眠改善薬は、薬局やインターネット通販で簡単に購入することができますが、副作用があるため使用には注意が必要です。

成分を十分に確認してから利用するようにしましょう。また、ご自身の既往歴や現病歴なども確認することが大切です。

何より大切なことは、生活習慣の改善です。睡眠改善薬で睡眠が改善するわけではないということを理解したうえで、あなたにとって本当に必要なものを選びましょう。