コアラ先生

眠っていても途中で起きてしまうという経験ありませんか?原因についてはいくつか考えられますが、その中の1つとしてストレスが考えられます。

今回は、途中で起きてしまう事の原因について紹介します。

途中で起きてしまうことの原因

眠っている時に途中で起きてしまい、疲れがなかなか取れず快眠できていないというお悩みの方もいらっしゃると思いますが、途中で起きてしまうというのには原因があるのです。

ストレスとの関係

まずは現代社会において大きな原因となっているストレスです。ストレスがある事で自律神経が不安定になり、副交感神経が優位に立った状態になり、脳がリラックスして眠るという事ができず途中で起きてしまうというのが一つの原因です。

アルコールとの関係

その他には、アルコール摂取による原因があります。アルコールを摂取する事によって眠ろうとしても体はアルコールを分解し、その結果脳が活発になり睡眠を妨げてしまうという原因があります。

ホルモンとの関係

女性の場合には、生理も大きく関係し、ホルモンのバランスによる原因もありますし、カフェインを多く摂取しすぎたことによる原因もあるのです。更には、老化という誰にも避けがたい原因で途中で起きてしまう場合もあり、途中で起きてしまうという原因は様々で多くあります。

症状の対策

それでは、どうすれば多くの原因から逃れ、途中で起きてしまって疲れが取れないという症状を緩和、おして改善できるのでしょうか。

途中で起きてしまうことへの対策

その対策として、食事を改善する事によって症状を改善することができます。まず途中で起きてしまう原因として睡眠の質を上げるという必要があり、睡眠の質を上げるためにトリプトファン、ビタミンB6、そしてたんぱく質の3つの成分をバランスよく摂取する事で睡眠の質を上げるという事ができます。

より良い眠りのために

その他に、自律神経を安定させるという事や、毎日朝の太陽の光を浴びるという事も人間の体には大変重要な事です。太陽の光を浴びる事で、夜に深い眠りにつく物質が体内で作られるからです。

眠る際には、自分の寝心地が良い状態に環境を整えるという事も大切な事で、電気を消して寝るという事や、直接肌に触れるパジャマなどの素材にも気をつけるという点、寝具の素材に気をつけるという点も大切です。とにかくリラックスして眠れるというだけで症状は改善します。